ホーム産廃許可 > 産業廃棄物の定義と種類

産業廃棄物の定義と種類

 廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物の2つに分類します。まず産業廃棄物を定義して、それ以外の廃棄物は一般廃棄物と扱われます。産業廃棄物の定義とは、@事業活動に伴って排出された廃棄物であり、A産業廃棄物の20品目に該当しており、B業種指定のある品目なら該当業種から排出されている、というものです。

産業廃棄物の種類
区分 種類 具体例 ここに注意
あらゆる事業活動に伴うもの 1.燃え殻 灰かす、石炭がら、焼却残灰  
2.汚泥 排水処理後の泥状のものなど  
3.廃油 鉱物性油、動植物性油、潤滑油など  
4.廃酸 写真定着廃液、廃硫酸など、すべての酸性廃液  
5.廃アルカリ 写真現像廃液、すべてのアルカリ性廃液  
6.廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくずなど  
7.ゴムくず 天然ゴムくず 合成ゴムは廃プラスチック類 
8.金属くず 鉄くず、空き缶、スクラップなど  
9.ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたものを除く)及び陶磁器くず ガラスくず、製造過程等で生じるコンクリートブロックくず、陶磁器くずなど 解体現場等で発生するコンクリートくずはがれき類
10.鉱さい 鋳物廃砂、高炉、平炉、電気炉などの溶解炉のかすなど  
11.がれき類 建物や道路などの新築、改装、解体等で発生するコンクリートやアスファルトの破片など  
12.ばいじん(ダスト類) ばい煙施設又は、汚泥等の産業廃棄物の焼却施設で発生するばいじんで集じん施設により集められたもの  
特定の事業活動に伴うもの 13.紙くず 建設業、パルプ製造業、紙製造業、新聞業、出版業などから生じる紙くず  
14.木くず 建設業、木材・木製品加工業などから生じる木くず、木製パレット  
15.繊維くず 建設業、繊維工業などから生じる繊維くず  
16.動植物性残さ 食料品製造業、医薬品製造業、香料製造業から生じる動植物性残さ  
17.動物系固形不要物 と畜場・食鳥処理場において、とさつ又は解体したあとの固形状の不要物  
18.家畜ふん尿 畜産業から排出される家畜のふん尿  
19.家畜の死体 畜産業から排出される家畜の死体  
20.13号廃棄物 上記の産業廃棄物を処分するために処理したものであって、上記の産業廃棄物に該当しないもの(例、有害汚泥のコンクリート固形物)  

当事務所の産廃許可申請

産業廃棄物とは

産業廃棄物処理業許可

産業廃棄物収集運搬業許可とは

産業廃棄物収集運搬業許可申請

積替保管・処分業許可申請

許可後に気をつけること

産廃許可リンク

愛知県の産業廃棄物収集運搬業許可は飯島行政書士事務所に!

愛知県長久手市杁ヶ池120番地

パークグリーン長久手602

TEL:0561−63−0292(お問合せ)

産業廃棄物処理業許可申請

変更届から施設許可まで! 産業廃棄物処理業許可申請のトータルサポート

事務所紹介 産廃許可 建設業許可 報酬額 相互リンク サイトマップ