ホーム産廃許可 > 産廃許可に関するQ&A

産廃許可に関するQ&A

以下は、産業廃棄物収集運搬業許可に関してよくある質問です。

産廃許可の必要性に関する質問

許可内容に関する質問

許可要件に関する質問

許可取得後の質問

TOPに戻る

産廃許可の必要性に関する質問と回答

建物解体を下請けとして施工しました。産業廃棄物の運搬に許可は必要ですか?

法的には不要です。
 下請業者も排出者となりますので、運搬に当たっては許可は法的不要です。この点は平成23年4月予定の法律改正でより明瞭になります。
 ただし実際には、元請業者からの要請により今後も申請される下請業者の方が多いでしょう。行政側もこの点に関しては、見解がまだはっきりしていません。

愛知県から福岡県まで運搬します。順路にある全ての自治体の許可が必要ですか?

愛知県と福岡県のみ許可が必要です。
 廃棄物の積込場所と積降場所が属する県・市のみで許可が必要です。

申請してから許可が下りるまで、どれだけ日数がかかりますか?

2ヶ月が目安です。
 自治体によって差がありますが、新規許可でしたら1ヶ月半〜2ヶ月半で許可が下ります。先行許可制度がある自治体でしたら、この制度利用で1ヶ月以内に許可が下ります。

TOPに戻る

許可内容に関する質問と回答

愛知県知事許可業者の場合、県内全域で積込・積降はできますか?

4つの市以外で運搬できます。
 愛知県内では、名古屋市、豊田市、岡崎市、豊橋市がそれぞれ許可権限を持っています。愛知県知事許可で積込・積降できるのは、この4市を除いた愛知県です。

申請に際して品目数は多ければ多いほどいいのでしょうか?

扱う可能性がある品目は最大限申請すべきです。
 品目が多いからといって申請手数料が高くなることはありませんし、後で追加するには変更許可申請をしなければならず、申請手数料71,000円が必要になります。現時点では予定がなくても将来可能性があれば、その品目も申請すべきです。

個人事業主ですが、これから産廃許可を取る際に法人成りすべきでしょうか?

事業規模、今後の事業計画次第です。
 法人化のメリットは営業面、税務面で色々ありますが、許可申請の上では特にメリットはありません。事業計画本位で考えてください。
 ただし、個人での許可は法人化する際に引き継げません。個人許可の更新時期に法人で許可を取れば、申請手数料のロスはなくなります。

TOPに戻る

許可要件に関する質問と回答

新規許可を申請したいのですが、何から手をつけるべきですか?

申請可能かを確認してください。
 許可申請に当たっては、@経理的基礎、A欠格条項、B講習会の受講証が3大要件です。このうち@とAは要件を満たしているかはすぐ確認できます。特に東海地方では@が厳密にチェックされますので、ご注意ください。

居住地での講習会は6ヶ月先まで満席です。どうしましょう?

お急ぎでしたら、近隣の都道府県で受講してください。
 受講しなければ許可申請ができません。特に許可更新の場合は受講は1日ですので、近隣受講なら日帰りも可能です。

会社を設立して1年目で、3期分の決算書を提出できません。許可申請できますか?

申請可能です。
 東海地方では愛知県、岐阜県が中小企業診断士の経営診断書を求めてきます。大半の自治体では経営診断書なしで申請可能です。

講習会には最後に試験がありますが、落ちたらどうなりますか?

再試験可能です。
 追加料金なしで再試験が可能ですが、次回以降の講習会になりますので申請によっては間に合わなくなるかもしれません。試験自体はそれほどの難易度ではありませんので、大事をとって複数人数で受講されるにはおよびません。

ハイエースを1台持っています。許可申請できますか?

ハイエースで運搬可能な品目で申請可能です。
 ハイエースに直積みは考えづらいので、何らかの運搬容器を用いることになるでしょう。液状のものでもポリタンク等使用で運搬は可能でしょう。ただし、「家畜ふん尿」等は運搬は困難と思われます。

TOPに戻る

許可取得後の質問と回答

講習会を受講した取締役が退任しました。許可は取り消しになりませんか?

社内に受講者は必要です。
 その元取締役の方が引き続き社員として在籍し、産廃業務の契約権を持つのでしたら、「使用人」として登録できます。退社されるのでしたら、なるべく早く他の方(できれば取締役)が受講してください。講習会受講者がいなくなることは、許可要件を失うことです。自治体によっては、事実を知ったところで許可取消を通知してくることがあります。

車両を1台廃止しますが、他の登録車両は土砂禁止車両です。何か不利益はありますか?

がれき類、鉱さいは品目廃止になります。
 土砂禁止車両ではがれき類、鉱さいは運搬できません。車両変更届の時点でこの2品目の運搬能力がなくなりますので、行政が2品目の廃止届を求めてくるかもしれません。

2年後に許可更新ですが、経理的基礎の要件がクリアできるか不安です。

今のうちから要件クリアの準備をすべきです。。
 特に東海地方で厳格な要件です。直前決算が出てからでは手の打ちようがないので、遅くとも直前決算に入る前に税理士にご相談ください。直前決算に入ってしまうと、役員報酬削減等の対策がとりづらくなるからです。

収集運搬車はレンタカーでもいいですか?

長期契約ならレンタカーで大丈夫です。
 レンタカーかどうかは車両ナンバーでわかりますが、長期(2年以上)のレンタル契約であれば、車両変更届で登録した上で収集運搬業務に使用可能です。ただし、レンタル期間の下限は自治体ごとににばらつきがあるものと思われます。

TOPに戻る

以上のQ&A集は平成22年5月に作成しました。今後も日々の産廃許可申請の中で得た知識をこのQ&A集に追加していきます。

当事務所の産廃許可申請

産業廃棄物とは

産業廃棄物処理業許可

産業廃棄物収集運搬業許可とは

産業廃棄物収集運搬業許可申請

積替保管・処分業許可申請

許可後に気をつけること

産廃許可リンク

愛知県の建設業許可申請は飯島行政書士事務所に!

愛知県長久手市杁ヶ池120番地

パークグリーン長久手602

TEL:0561−63−0292(お問合せ)

産業廃棄物処理業許可申請

変更届から施設許可まで! 産業廃棄物処理業許可申請のトータルサポート

事務所紹介 産廃許可 建設業許可 報酬額 相互リンク サイトマップ