ホーム建設業許可 > 許可申請の種類

許可申請の種類

現在許可のある方でも、他業種、他の区分(特定と一般、大臣許可と知事許可)に該当する工事があれば、新たな許可申請が必要となる可能性があります。以下に許可申請の種類をまとめました。

新規、更新、業種追加

新規 現在、建設業許可を受けていない方
許可換え新規 大臣許可から知事許可、知事許可から大臣許可、別の都道府県の知事許可に変更される方
般・特新規 特定許可で許可があるが、他業種で一般許可も取る、あるいはその逆の方。なお、同一業種で特定と一般両方の許可は取れません。
業種追加 現在許可のある業種以外でも許可を取る方
更新 現在ある許可の有効期限(5年)切れが近い方

組織変更

個人⇒法人 新規許可申請が必要
合名会社⇔株式会社 変更届提出
合資会社⇔株式会社 変更届提出
合同会社⇔株式会社 変更届提出
特例有限会社⇒株式会社 変更届提出
合資会社⇔合名会社 変更届提出
合同会社⇔合資会社 変更届提出
合名会社⇔合同会社 変更届提出

平成18年5月の会社法施行により有限会社は特例有限会社となり、株式会社の一つとして扱われています。新たに有限会社の設立、有限会社への組織変更はできません。

建設業許可とは

建設業許可の種類と申請費用

建設業許可申請の要点

建設業許可の申請手続き

建設業許可後に気をつけること

建設業許可リンク

愛知県の建設業許可申請は飯島行政書士事務所に!

愛知県長久手市杁ヶ池120番地

パークグリーン長久手602

TEL:0561−63−0292(お問合せ)

建設業許可申請

新規許可から経営事項審査まで! 建設業許可申請のトータルサポート

事務所紹介 産廃許可 建設業許可 報酬額 相互リンク サイトマップ