ホーム建設業許可 > 建設業許可の必要性

建設業許可の必要性

法的な義務がある事業者

建設業を営む事業者は建設業法によりすべて許可の対象となります。ただし、下記のような軽微な建設工事のみを請け負う場合は、建設業許可はいりません。

許可を受けなくてもできる工事
建築一式工事で右のいずれかに該当する場合
  • 1件の請負代金が1,500万円(消費税及び地方消費税を含む)未満の工事
  • 請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150平方メートル未満の工事
建築一式工事以外の工事 1件の請負代金が500万円(消費税及び地方消費税を含む)未満の工事

法的な義務がない事業者

1件の請負代金が決して500万円を超えない事業者は、建設業許可取得の必要はありません。しかし実際にはそうした事業者でも、下記の理由で建設業許可を取得しています。

許可取得・維持のコスト

法的な義務がない事業者の場合は、許可取得のメリットと許可取得・維持のコストを比較する必要があります。当事務所にご依頼の場合、新規許可取得時に25万円程度、以後は年平均で5万5千円程度かかります。全てご自分でされる場合、税金(新規許可で9万円、更新許可で5万円)と多少の経費のみです。

行政書士に依頼するメリット

建設業許可は許認可の中でもメジャーな存在ですが、実はかなりの専門性が必要です。事業者様がご自分で申請されるのは、以下のようにかなり困難です。それをを行政書士が代替できます。

建設業許可とは

建設業許可の種類と申請費用

建設業許可申請の要点

建設業許可の申請手続き

建設業許可後に気をつけること

建設業許可リンク

愛知県の建設業許可申請は飯島行政書士事務所に!

愛知県長久手市杁ヶ池120番地

パークグリーン長久手602

TEL:0561−63−0292(お問合せ)

建設業許可申請

新規許可から経営事項審査まで! 建設業許可申請のトータルサポート

事務所紹介 産廃許可 建設業許可 報酬額 相互リンク サイトマップ